ニュース

2024年05月08日

社会人向けイベント

参加者募集中

海洋開発に係るリカレントセミナー(対面)のご案内(6/21)

日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアムでは、
下記の通り、2024年6月21日(金)に若手技術者を対象としたリカレントセミナー(対面式)を実施いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時・場所 ・2024年6月21日(金) 9:30~17:00
・日本語での講義
・対面セミナー開催場所:シュルンベルジェ株式会社 東京事業所セミナールーム
東京都中央区日本橋3-3-9 メルクロスビル6F
テーマ Fundamental CCS Flow Assurance 1-day Seminar
(対面セミナー:CSフローアシュアランス1日基礎セミナー)
セミナー概要 CCS関連のフローアシュアランス業務未経験の技術系のビジネスパーソンを対象に、CCSプロジェクトにおけるフローアシュアランスの基礎について体系的にご紹介します。セミナーは、CO2の流体特性のレビューから開始し、CCSプロジェクトにおけるフローアシュアランスに関連するリスクとその管理に求められる技術スコープの整理、商用ソフトウェアを使用したデモンストレーションとその解説(参加者にも触れていただく時間を設ける予定です)、さらには船舶輸送時のオペレーション等を含むバリューチェーン全体(回収から輸送・圧入まで)の統合的なフローアシュアランス評価についてもご説明する予定です。

<アジェンダ(予定)> ※講義は日本語で実施いたします
- Introduction to the characteristics of CO2
- The unique challenges of CO2 flow assurance
- Flow assurance for CO2 transportation pipeline and injection wells
  - Introduction to CO2 transportation methods focusing on pipelines and LCO2 Carriers
  - Technical aspects of CO2 transportation design and operation
  - Typical flow assurance topics/challenges for CCS
- Flow assurance risks reported in actual CCS systems
- Interactive demo for dynamic flow assurance simulation for CCS
  - Introduction to a demo case
  - Normal operation analysis
  - Blowdown analysis
- CCS cost example – Quest CCS
- Integration with CO2 capture and storage – how they affect flow assurance?
  - How CO2 capture process affects CO2 transportation
  - How CO2 storage site affects CO2 transportation
- Integrated CCS value chain modeling
  - Benefits of integrated CCS value chain model
  - Example case: CCS concept selection study using steady-state integrated model
  - Example case: LCO2 carrier CCS operation analysis using dynamic integrated model
シュルンベルジェ株式会社(SLB)について 世界最大のエネルギー開発サービス企業。ヒューストンとパリに本社(Schlumberger Ltd.)を構え、世界中に8万人以上、160ヶ国以上にわたる国籍を持つ社員が、約120ヶ国で最先端のデジタルソリューションや、世界のエネルギー産業にとってビジネスパフォーマンスの向上と持続可能性を実現する画期的なテクノロジーを提供する。創業以来のコアビジネスであるオイルフィールドサービスでは、地下にある石油・天然ガス資源の探査、埋蔵量の解析や開発計画の策定、生産オペレーションにいたる石油・ガス田のライフサイクル全体において、さまざまな技術ソリューションを提供する。
日本においても1930年代からビジネスを展開しており、主にエネルギー開発業界向けにフィールドオペレーションやソフトウェア・コンサルティングの提供を行う長岡支店・東京事業所、および技術開発・製造拠点であるSKKテクノロジーセンター(神奈川県相模原市)を設ける。
https://jp.slb.com/(日本法人ウェブサイト)
参加費 無料
定員 15名
参加者 コンソーシアム会員企業(定員15名)
特別会員 :原則3名まで
正会員 :原則2名まで
準会員 :原則1名まで
(人数応相談。お申し込み多数の場合は、参加人数のご相談をさせていただくことがございます)
応募フォーム ■下記よりお申込みください。

申込みフォームはこちら

ご登録いただいたメールアドレス宛に、参加用URLが送信されます。
セミナー当日は参加用URLからご参加ください。



■会員かどうかを確認する
https://project-kaiyoukaihatsu.jp/consortium/partnership/
応募締め切り 2024年 6月14日(金)17:00

講師・団体

Saebom Hwang 氏

現在シュルンベルジェ(SLB)東京事業所デジタル&インテグレーション部門所属のシニアフローアシュアランスエンジニア。海外のエンジニアリング企業にて経験を積んだのち、シュルンベルジェに入社しプロセスエンジニアリング、プロダクションエンジニアリング、フローアシュアランス等幅広い分野で技術コンサルティング業務を中心に担当。近年はCCS関連のフローアシュアランス分野の技術コンサルティング業務を主に担当し、国内外で多くのデリバリー実績を有する。アジア圏を中心に技術セミナー講師も多数務めており、日本語にも堪能で国内のセミナーは日本語にて実施している。

お問い合わせ

事務局 〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム事務局

専用フォームから、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム