個人情報について
個人情報取扱いについて

  1. はじめに
    ここでは、日本財団「以下、「当財団」といいます」が運営する日本財団 オーシャンイノベーションコンソーシアム(仮称)ウェブサイト「以下、「当サイト」といいます」における個人情報の取り扱いについて規定しています。当財団全体としての個人情報のお取り扱い等については、個人情報保護方針をご覧下さい。
    当ウェブサイトをご利用いただくお客様は、以下の内容を十分理解いただき同意いただいているものとみなします。なお、当財団では状況に応じ、当ウェブサイトでの情報の取り扱いについていつでも変更できるものとします。
  2. 適用範囲
    当ウェブサイトでの情報の取り扱いについては、お客様が当ウェブサイト(http://project-kaiyoukaihatsu.jp)を利用しているときに適用され、他社が運営するサイトには適用されません。※当ウェブサイトでは、お客様に対して有用な情報を提供するために、他のウェブサイトへのリンクを紹介しております。プライベートポリシーはリンク先のサイトには適用されません。それぞれのサイトにアクセスされる際はそれぞれ独自のプライバシー保護に関する声明内容を確認されることをお勧めします。
  3. セキュリティ
    個人情報を保護するセキュリティ技術
    個人情報をご提供頂く際には、通信途上における第三者の不正なアクセスに備え、暗号化技術であるSSL(secure sockets layer)による個人情報の暗号化またはこれに準ずるセキュリティ技術を施し、安全性を確保しております。また、第三者の不正なアクセスによる個人情報の漏洩・流用・改ざん等を防止するため、ファイアウォール設置・コンピュータウイルス対策、その他合理的なセキュリティ対策を講じ、お客様の個人情報の安全確保に努めております。

    ※SSL(secure sockets layer)の仕組みについて
    SSLでは、お客様が個人情報を送信する前に当財団とお客さまとの間でセキュリティに関する電子的なやりとり(デジタル認証・デジタル署名)を行ない、相互認証をしたうえでデータを伝送します。その際の当財団とお客様とのやりとりは乱数で撹乱され、お客様になりすましてデータを盗もうとする第三者への誤伝送は阻止されます。
    さらに、SSLによって伝送される情報は公開鍵暗号 (RSA) と共通鍵暗号(秘密鍵暗号)という2種の暗号化方式を併用する方法で暗号化されます。この情報を解読するには電子的な「鍵」が必要です。仮に情報が第三者に傍受された場合でも、正しい鍵が無ければ暗号化された情報を復号することは不可能です。鍵の種類は有限ですが、すべての鍵を順に試していき正しい鍵にたどりつくにはパソコンなどを使って電算的に作業した場合でも非現実的といえる長い時間を要するため、第三者が情報を解読することは極めて困難であるといえます。

ページの先頭へ