What's New
お知らせ

2016/10/04 日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアムが設立されました

写真)挨拶を行う笹川代表

 将来の海洋開発を担う技術者の育成について、オールジャパンの体制で取り組んでいくためのコンソーシアムが、10月4日に創設されました。

 世界における海洋石油・天然ガス開発や海洋再生可能エネルギーの市場は、今後大きな成長が見込まれており、日本の関連企業も市場への参入・拡大の動きを加速してきています。また、日本の海にはメタンハイドレートや海底鉱物などの天然資源が豊富に存在することが分かってきており、多様な可能性に対する期待も高まっています。
 しかしながら、将来の原動力となる、実践的技術やノウハウを持った技術者の不足が課題となっています。

 そこで、海洋開発を学ぶ大学生や大学院生、企業の若手技術者に対して、大学や個別の企業のみでは実施することが難しかった教育・実習を、広く国内外で実施していくべく、「日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム」の立ち上げに向けた準備が行われてきました。

 10月4日には会員の企業、大学、公的機関の参加のもとコンソーシアムの設立総会が開かれ、代表に日本財団の笹川陽平会長、副代表に日本郵船株式会社の宮原耕治相談役、日本海洋掘削株式会社の市川祐一郎代表取締役社長が選出されました。

 総会では、コンソーシアムの目指すビジョンについて確認がされたほか、平成28年度の事業計画をまとめるなど、具体の事業の実施に向けたスタートが切られました。

ページの先頭へ