コンソーシアム事業紹介
海外派遣の体験談

野上 瞭
九州大学 大学院 工学府 海洋システム工学専攻 修士1年
ロバートゴードン大学(RGU)でのサマースクールに参加

コンソーシアムの支援により、RGUでの四週間のサマースクールに参加させていただきました。海洋に関する様々なバックグラウンドを持つ15人の仲間と共に、Oil&Gasや再生可能エネルギーについて学びました。この四週間では、大きく分けて海洋開発についての講義の受講、オークニー諸島でのフィールドワーク、会社訪問、プロジェクトマネジメントを行いました。

  

学生写真写真)Iyalla先生と

オークニー諸島

オークニー諸島では、エネルギー需要を再生可能エネルギーで完全に満たしています。そのような土地での実地見学は、企業の取り組みや地域のエネルギー問題の関わり方について、日本との大きな違いを感じさせ、これからの日本の課題を明確に覚えることが出来ました。

会社訪問

本サマースクールでは、企業訪問を何度も行いました。実際に働いている方の話を聞けるだけでなく、疑問を直接ぶつけることが出来たのは貴重な体験だったと思います。

プロジェクトマネージメント

授業やプロジェクトマネジメントでは、英語の壁や慣れない分野に苦戦もしましたが、様々な面で自分を成長させてくれました。学問だけでなく、スコットランドの文化や景観、料理にも触れることができ、日々喜びを感じていました。

  

学生写真写真)スコットランドの自然に触れて

この4週間で自分は語学、学問においてかなり鍛え上げられたと同時に、視野もかなり広く、見通しが利くようになったと思います。しかし、ここで満足をしては何の意味もありません。この日々の熱意、集中を忘れず今後の活動に専念していきたいと考えています。

ページの先頭へ